ノッティングヒルの恋人 - 日常

motor diary

美しい景色、お酒と料理。 そして、車とバイク。

ノッティングヒルの恋人

20191116105332f91.jpg

ウチの夫婦は恋愛映画を殆んど観ない。
ボクが今まで観たことがある恋愛映画は、「ローマの休日」、「オールウェイズ(三丁目の夕陽ではなく洋画の方)」、そして「ノッティングヒルの恋人」くらい。
(「ゴースト・ニューヨークの幻」の無料券を貰ったので捨てようと思ったが、オールウェイズのパクリだと聞いたので観に行ったことはある。本当にパクリだった)

ウチの奥さんと知り合ったとき、殆んど恋愛映画を観ない2人が1989年製作のオールウェイズを観ていたこと(奥さんはゴーストは観ていなかった)、2人ともアメリカのフレンズというドラマシリーズが大好きだということに驚いた。特にフレンズは観ている知り合いがお互いに1人も居なかったのでビックリした。
その後、まだ一緒に住む前、テレビで放映していた「ノッティングヒルの恋人」をお互いの家で別々に観て、次に会ったとき、普段観なさそうな映画を同じ時に観ていたことを知って、また驚いた。

ノッティングヒルの恋人は、製作されてから今年でちょうど20年。
先月テレビで放送されていたのを、初めて2人で一緒に観た。
観終わった後、隣りに座っている奥さんを見ると、Tシャツが涙で濡れるほどボロボロ泣いていた。観たことがある恋愛映画の中では唯一のハッピーエンドなのに。(笑)
ウチの奥さんの涙腺刺激ボタンがまた一つ増えた。


人気ブログランキング

0 Comments

Leave a comment